MENU

サクセス育毛トニックの「t−フラバノン」ってどんな効果?

 

ドラッグストアで手軽に購入できることから、ちょっと薄毛が気になり始めた方が手に取るのがサクセスの育毛トニック。

 

そして、サクセスの育毛成分の一つに「t−フラバノン」があります。

 

でも、なんだかあまり聞いたことない名前ですよね?

 

 

薄毛対策をするには、正しい原因と正しい対処法をすることがとっても大切。

 

そこで、ここではt−フラバノンについて詳しく解説していきます。

 

薄毛の原因物質DHTとt−フラバノンの関係

 

薄毛の最大の原因とされるのが、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる活性型男性ホルモンです。

 

サクセス,育毛トニック,効果

 

上の図のように、もともとは髪の毛を太くする”良い奴”であったホルモンが、「5α-リダクターゼ」という酵素によって”悪い奴”になってしまいます。この酵素が、毛乳頭細胞付近に付着して、毛根細胞分裂の阻害や、脱毛命令を発してしまいます。

 

つまり、薄毛を予防するにはこのDHTの働きを抑制することがと〜っても重要なのです。

 

そして、その働きに期待できるのがt−フラバノンというわけです!

 

 

t−フラバノンはDHTによるTGF-βの働きを抑制する

 

t−フラバノンの効果を一言でいうと、「DHTによるTGF-βの働きを抑制する」ということです。

 

「TGF-β?なにそれ?」って思ったかもしれません。ちょっと色々と難しい名前がでてきてややこしいのですが…

 

要は、薄毛原因物質DHTが発生すると、TGF-βという物質が発生。このTGF-βが毛母細胞の分裂を抑制したり、髪の成長を妨げる。このTGF-βの働きを抑えるのが、t−フラバノンというわけです。

 

 

t−フラバノンは、薄毛原因物質DHTを抑制するのではなく、その後発生する薄毛原因物質の働きを抑制する効果があるんです。

今の抜け毛予防主流派DHT抑制効果。t−フラバノンは一つ下流

 

現在、育毛剤に使われている有効成分のほとんどが、DHTの発生を抑制する効果があります。

 

サクセス,育毛トニック,効果

 

例えば、有名育毛剤イクオスにはオウゴンエキスという、DHTの生成を抑制する有効成分が含まれています。

 

 

一方、サクセスのt−フラバノンは、DHTが生成された後発生するTGF-βの働きを抑制します。

 

つまり、t−フラバノンはDHT抑制効果のある成分より、一つ下流に位置する育毛成分といえます。

 

 

DHTを抑制する育毛成分より、効果はやや弱いと思われます。

 

ただ、サクセスはとても安価で購入できる育毛剤です。

 

初めて育毛剤を試す人には、一度使ってみる価値があるかもしれません。

 

 

僕個人はサクセスの育毛トニックがまったく肌に合わず、数日で断念しましたが…

 

まずはお試し感覚で薄毛対策をしたいって人にサクセスはおすすめです。

 

 

薄毛が本格的にヤバい…って人には、DHT抑制効果のある育毛剤が良いのかな?という感じ。

 

数々の育毛剤(リアップ、チャップアップ、ブブカ、イクオス、ポリピュア、アロエ育毛)を試してきましたが、もっとも良かったのはイクオスでした。

 

スタッフの対応が素晴らしいし、なによりも全額返金保証制度が45日間。

 

ふつう、30日間が多いので、ゆっくり試す期間が無いのですが、イクオスはとても良心的な感じです。

 

もともとは、リアップを使って副作用(動悸)が見られたので選んだ育毛剤。

 

初心者の方も安心して挑戦してみてください!

 

サクセス,育毛トニック,効果


月のコスト3,400円でここまで改善!僕が薄毛克服した育毛剤はこちら↓

iqos31s

>> イクオス公式ページ <<